2つの主専攻

12の分野

地球学は、自然現象の解明から災害や環境問題の追及、人間社会の未来予測に至るまで多様な課題を対象としており、あつかう時空間スケールは、ナノスケールから地球規模まで、秒以下から億年の単位までと様々です。地球学類では、多様な地球学的課題に対応した高度な専門教育・研究をおこなうため、現在の地球環境について探求する「地球環境学主専攻」と地球の変遷史について探求する「地球進化学主専攻」の二つの主専攻を設けています。各主専攻にそれぞれ6分野、計12分野があります。

地球環境学主専攻

「地球環境」は世界的に注目されるキーワードのひとつとなっています。地球学類の地球環境学主専攻では、「地球環境」を理解するために、フィールドワークやデータ解析、室内実験等を通じて、地表面上のさまざまな空間スケールに展開する諸現象を多角的に探求します。地球環境学主専攻には、人文地理学、地誌学、地形学、水文科学、大気科学、環境動態解析学の6分野があり、地球環境を舞台に展開する人間活動の特性、人間活動と自然環境の関係、地表面上にみられる地形、水、大気など自然現象をテーマとして「地球環境」を多角的に探求します。それぞれの分野には、海外での調査・研究経験が豊富で、国際的にも活躍する研究者がそろっており,こうした最前線の研究を主専攻の教育にもフィードバックしています。

実際の研究では、聞き取り調査、土地利用調査、地形調査、河川・湖沼での調査・観測、気象観測などのフィールドワーク、観測データや既存の統計データの解析などを通じて、現実の「地球環境」の姿を把握し、さらに室内実験、数値シミュレーション等を踏まえ、それらの特性を解明しています。さらに、なぜそうした結果が導出されたのかを、「地球環境」に関連するさまざまな要因と関係づけて考察しています。しかし、それぞれの分野が完全に独立して研究を進めているわけではなく、お互いの学問分野の枠を越えて「地球環境」の特性を総合的に把握することを目指しています。こうした研究プロセスを通じて、21世紀の地球人としてふさわしい総合的な思考力を養成し、さまざまな社会的要請に応える人材育成を目指しています。

地表面における人間活動の地域的特質を自然環境のかかわりも含めて総合的・系統的に研究


教員

松井 圭介【教授】

現代におけるローカルな宗教空間のコンテクスト

久保 倫子【助教】

都市地理学におけるハウジング研究

秋山 千亜紀【特任助教】

土地利用研究,流域の水質負荷の推計,GIS

主な卒業研究

  • 北陸地方における都市群の近接性の変化と要因分析
  • 社会的空間からみた首都圏在住ムスリムの日常生活に関する研究
  • 原木乾シイタケの生産・流通構造-大分県豊後大野市地域を事例として-
  • 反都市文学の展開における地域の関与-川端康成「雪国」を例として-
  • 方言形成における地域交流の影響-千葉県銚子方言を事例として-
  • 地方出身大卒者の居住地移動と要因分析-長野県松本市の高校卒業者を対象に-
  • ミュージシャンの街下北沢の地域特性-ライブハウスとバンドに注目して-
野外実験(茨城県大洗市)
野外実験(長崎県平戸市)
景観調査
土地利用調査

都市地域や湿潤熱帯地域など居住環境の違いに着目しつつ,人間環境システムを地域論的な観点から解明


教員

呉羽 正昭【教授 】

日本とヨーロッパにおける観光地域の研究

堤 純【教授 】

オーストラリア研究,都市地理学,GIS

松井 健一【准教授】

先住民族の権利と生物多様性、水倫理と水利権

山下 亜紀郎【助教 】

都市の水環境問題および流域の水需給

主な卒業研究

  • 温泉地における新たなツーリズム形態-山形県銀山温泉を事例に-
  • 群馬県前橋市における一般廃棄物処理の空間構造
  • 柏の葉における住民の環境意識形成と形成に影響を及ぼす要因
  • 国際合弁企業による企業空間の変容-サハリン2プロジェクトの運営企業を事例として-
  • 都市地域における緑地環境の維持に対する取り組み―川崎市を事例に―
  • 短期滞在者の行動からみた金沢市における都市観光の時空間構造-位置情報付きSNSデータを活用して-
オーストリア・チロル地方巡検
メルボルンの多文化社会景観
ブラジル乾燥地域の大規模農場

風化・侵食・運搬・堆積の諸過程によって変化する地形を基礎的・応用的に研究


教員

松岡 憲知【教授 】

極地や高山の地形変動と永久凍土

池田 敦【准教授 】

高山帯の地形変化を水循環変動と絡めて研究

八反地 剛【准教授】

山地の地形変化.特に斜面崩壊と侵食

関口 智寛【講師】

海岸・河川地形プロセスに関する実験的研究

PARKNER, Thomas【助教 】

土壌の侵食,堆積とそれらへの人間活動の影響

主な卒業研究

  • 広島豪雨における表層崩壊の発生条件
  • 秋吉台カルストにおけるドリーネの土層分布
  • 木曽山脈の森林限界移行帯における植生分布と地形量の関係
  • スイスアルプスにおける解氷後の露岩表面の風化の定量化
  • 津波堆積物の分布パターンに関する実験的研究
  • 複合流による海底微地形の類型化と形成条件
スイスアルプスでの卒業研究調査
表層崩壊(伊豆大島)
カルスト地形(秋吉台)
実験で形成された海底微地形

自然界における水の循環とその物理的・化学的・生物学的プロセスを総合的に研究


教員

浅沼 順【教授 】

大気中の水、蒸発散、水利用など

杉田 倫明【教授 】

水文学;水循環,物質,熱輸送と環境問題

辻村 真貴【教授 】

マルチ・トレーサーによる水環境問題の研究

山中 勤【准教授 】

トレーサー・数値モデルによる水循環診断

主な卒業研究

  • 数値モデルを用いた火山地域の河川流出特性の解明
  • 人工衛星からの地球表層土壌水分観測
  • 温暖化ガスを用いた地下水の年代推定
  • 安定同位体による水循環の追跡
  • 霞ヶ浦の熱収支と蒸発量の時空間変化
  • 温泉水の起源と地球化学的特徴
モンゴルでの小型航空機観測
エジプトナイルデルタでのトウモロコシの葉面積測定
霞ヶ浦湖心観測所に設置した乱流計測機材
バンコク首都圏の地下水流動シミュレーション

気象学で扱われる局地循環や天気予報技術から気候変動や地球温暖化まで,大気現象を幅広く研究


教員

植田 宏昭【教授 】

地球温暖化や異常気象などの気候変動の解明

日下 博幸【教授】

都市気候(ヒートアイランド,都市型豪雨)

田中 博【教授 】

大気大循環の長周期変動とエネルギー論

上野 健一 【准教授 】

山岳気象、大気陸面相互作用、小気候観測

釜江 陽一【助教 】

気候変動学、古気候学

原田 真理子【助教】

古気候学と生物進化

松枝 未遠【助教】

アンサンブル予報・異常気象の予測可能性・気候変動予測

中村 祐輔【特任助教】

都市気候(都市境界層やヒートアイランドなどの観測)

主な卒業研究

  • チベット高原が梅雨期の日本付近の降水へ与える影響
  • 最終間氷期の軌道要素とアジアモンスーンの変動との関係
  • 真夏日の午後に東京23区で観測された短時間強雨の実態調査と予測実験
  • 北海道・東北地方における風力発電のための風速変動研究
  • ライブカメラを用いた富士山に出現する笠雲の気候学的研究
  • フェレル循環と温帯低気圧の関係についての研究
  • PUFFモデルを用いた桜島の空中火山灰濃度の推定と航空安全への応用
  • 長野県富士見高原における雲海の観測
計算機実験
スパコンと.HEIC
冬季野外実験

環境動態解析学

大気圏・岩石圏・水圏・生物圏の交点である地球表層での水・物質動態の解析を通して、動的な自然環境の理解を深めるとともに、人間活動による変化の解明を目指す

教員

恩田 裕一【教授 】

水文地形学,放射性物質の移行と水土砂流出

加藤 弘亮【准教授】

森林での水・物質動態の研究

松下 文経【准教授 】

リモートセンシングによる地球環境変化の監視

高橋 純子【助教 】

土壌の生成と分類および物質動態

主な卒業研究

  • チェルノブイリSakhan川流域におけるCs-137, Sr-90濃度の季節変化および土地利用との関係
  • リモートセンシングによる霞ヶ浦湖水の純一次生産量の推定
  • 樹冠遮断プロセスが林内雨の放射性セシウム及び溶存物質濃度に及ぼす影響
  • 福島県の土壌における土壌粒子の粒径によるCs-137の選択性
3Dレーザースキャン測量
湖沼水質調査
森林水文観測
土壌断面調査

地球進化学主専攻

2011年3月に発生した東北地方太平洋沖地震による大災害を目の当たりにした私たちは、地球がもつ莫大なエネルギーとその営みの複雑さを改めて認識しました。過去46億年間に地球表層から内部で起こっている様々な地質現象を解析し、理解することは、私たちがこれから地球と共生していくために必要不可欠なことといえるでしょう。地球進化学主専攻は、地球の誕生から現在にいたる進化史上の様々な地質現象の探求を基礎として、地球生命圏の共進化過程の解読と定量的な未来予測を共通の課題としています。この目的を達成するため、本主専攻では6つの分野(地史学・古生物学、地層学、構造地質学、岩石学、鉱物学、資源地質学)を設けて、専門的な研究・教育を行っています。

地球進化学の重要な基盤の1つとして、野外調査があります。特に、生物圏・地球表層環境の変遷や、地球のダイナミックな変動や進化過程の理解のために、多くの野外巡検を実施しています。卒業研究で海外でのフィールドワークをもとに研究を行う例も少なくありません。一方で、変形再現実験や、地球物理学的観測データを用いた地震学的解析やシミュレーションのような室内作業も、活発に行われています。また、同位体分析や微小領域組成分析が可能な分析装置を専攻内に設置し、岩石・鉱物・鉱床の生成機構の解明を行っています。卒業生の多くは大学院に進学してより専門的な研究を行い、国内外の学会で活躍しています。このように本主専攻では、地球システムにおける表層・内部環境の変遷を総合的・多角的に解析し、理解できる人材の育成を目指しています。

地球史における生物群の系統・機能形態・古生態・古環境などの解読を通じて,生物の適応進化様式と地球表層生命環境の変遷を追及


教員

上松 佐知子【准教授 】

コノドント古生物学と中・古生代地史学

田中 康平【助教】

脊椎動物の進化・古生態学研究

主な卒業研究

  • 宮崎県高千穂町に分布する三畳系上村石灰岩のコノドント生層序
  • 岐阜県福地地域から産するデボン紀貝形虫化石の分類
  • タイ半島部南部のオルドビス紀-シルル紀境界層における岩相層序と筆石生層序
  • 中生代鳥類の胚の体重推定
  • 兵庫県丹波篠山市に分布する大山下層の古生物学的・堆積学的研究
  • 獣脚類恐竜の歯化石の機能復元
コノドント
足跡化石調査
カナダ・アルバータ州での恐竜化石発掘

表層圏諸現象の変遷を地層の地質学的研究を通じて編年解読し,地球環境変動システムの仕組みを解明


教員

杉原 薫【教授】

ジオパーク、現生および化石サンゴ礁を通じた環境解析

鎌田 祥仁【准教授 】

堆積岩から検証する沈み込み帯および大陸縁のテクトニクス史

藤野 滋弘【准教授】

地層から過去の地震・津波を解明する研究

主な卒業研究

  • タイ国東部Sa Kaeo地域における 背弧海盆層序復元
  • 富山市に分布する更新統三田層の堆積環境変遷と化石密集層
  • 北西太平洋におけるサンゴ礁と造礁サンゴ群集の時空分布の変遷
  • ジオパークを活用した郷土学習・自然保護学習プログラムの開発
  • タイ国東部Sa Kaeo-Chantaburi Zoneに分布する珪質岩の岩相・年代と地球化学的特徴に基づく堆積場テクトニクス
  • 徳島県海部郡牟岐町における過去数千年間の地震津波発生履歴
  • 和歌山県日高町における津波浸水履歴の復元
田辺層群巡検(和歌山県)
現生サンゴ調査
タイ・ペッチャブーン地域・コラート層群
宮古層群巡検(岩手県)

地球のダイナミックな変動を,地球物理学のビックデータ解析,フィールドサイエンス,室内実験,レオロジーおよび数理アナログモデルの構築などを通じて解析


教員

八木 勇治【教授 】

地震の波や衛星データを使って地震を調べる

氏家 恒太郎【准教授 】

沈み込み帯地震発生過程と付加体の形成過程に関する研究

奥脇 亮【助教】

地震波形データを用いた震源過程解析

主な卒業研究

  • 高自由度な震源過程解析手法を開発して巨大地震で何が起きたかを調べる
  • 巨大地震の不規則な破壊伝播と高周波励起との関係
  • 地球深部で起こる地震や大きな津波を引き起こす地震の震源過程
  • 沈み込みプレート境界に沿った岩石ー流体相互作用
  • 微量元素からひもとく摩擦熔融物の起源
  • ラマン地質温度計に基づく沈み込みプレート境界域の温度構造復元
  • 稠密な地震観測網を用いた地震波形データのアレイ解析
逆解析、深層学習を駆使して多様な地震の発生物理に迫る
波形を見て、地球の声を聴く
マントルで流動した岩石

岩石の野外調査や元素・同位体分析から岩石の生成機構やテクトニクスを解明


教員

荒川 洋二【教授 】

日本の火山岩・花崗岩の岩石化学的研究

角替 敏昭【教授 】

インドやアフリカの造山帯に産する変成岩の解析

池端 慶【助教 】

マグマ中の揮発性元素と親銅元素の挙動解析

主な卒業研究

  • マグマの成因や火山噴火の推移予測に関する研究
  • 海底熱水鉱床の形成機構に関する研究
  • マントル-地殻の物質循環に関する研究
  • 南極大陸の先カンブリア時代の岩石年代測定に関する研究
  • インドの変成岩からみたゴンドワナ大陸の形成史に関する研究
海底熱水鉱床
南極調査
スリランカ調査

天然の様々な鉱物の物理化学的実験結果から,鉱物に刻まれた地球や宇宙の情報を解読


教員

興野 純【准教授 】

鉱物合成と結晶構造解析

黒澤 正紀【准教授 】

地球内部流体の組成と挙動に関する研究

主な卒業研究

  • 古代西アジア土器に認められるパイロテクノロジーの研究
  • 多相包有物による花崗岩起源高塩濃度流体の化学的特性の研究
  • 炭素質コンドライト中のガラス包有物による原始太陽系の化学的環境
  • フェリハイドライトの短距離構造と熱特性に及ぼす粒径の影響
  • Magnetite-Maghemite相変化: 高温In situ XAFSによる局所構造解析
  • 天然石英中の不純物による熱特性への影響
JPARC-高温高圧中性子回折実験
SPring8_PDF測定
KEK-PF_XAFS測定
高圧実験

地球システムにおける元素濃集・分散や生命圏環境の変化を惑星科学的視野から統一的に理解


教員

丸岡 照幸【准教授 】

堆積岩・堆積物を用いた古環境変動解析

主な卒業研究

  • メキシコ合衆国ロスガトス鉱床の鉱化作用
  • 菱刈金鉱床祥泉脈の石英の酸素同位体比
  • チリ、アタカマ湖周辺に分布する火山岩類
K-Pg境界層
イタリアフラサッシ洞窟の石筍
元素分析計