各種制度について


入学料免除・授業料の免除

経済的理由により納付が困難であり且つ学業優秀な学生には、授業料の全額または半額免除の制度があります。

奨学金

利用できる育英奨学事業には、筑波大学学生奨学金「つくばスカラシップ」、日本学生支援機構奨学金の奨学制度の他に、地方公共団体および民間育英団体の奨学金給貸与事業、民間奨学団体等があります。

留学

筑波大学では国外の多くの大学と交流協定を結んでおり,多くの学生が留学しています.地球学類では毎年1名程度の学生(主に3年次)が長期留学しており,留学経験者の多くが卒業後に海外の大学の修士課程に進学するなど,国際的に活躍してます.協定校で修得した単位は,筑波大学開設科目の単位に読み替えられますので,留学が単位修得に不利にはたらくことはありません.留学にあたり各種奨学金制度を利用することができます.

早期卒業

地球学類では、一定の基準を満たした場合、3年次終了時の早期卒業が可能です.基準を満たす希望者は3年次1学期から卒業研究に着手することになります.

対象者

(1)2年次終了時までに卒業の要件として必要な単位数を95単位以上修得し,かつ,その修得すべき単位において,成績の評語「A」の割合が90%以上であること.さらに3年次から卒業研究を履修し,3年次終了時に卒業要件のすべてを満たすことが見込まれること.
(2)第2学期入学者にあっては,3年次終了時までに卒業の要件として必要な単位数を100単位以上修得し,かつ,その修得すべき単位において,成績の語「A」の割合が50%以上であること.

判定基準

(1)学類の卒業要件を満たしていること.
(2)卒業研究の内容が特に優秀と認められること

地球学類長賞

地球学類の一層の活性化のため,地球学類運営委員会が特に認めた学生に対して地球学類長賞を授与しています.主な授与対象は以下の通りです。
(a)卒業対象者の中で成績優秀者(但し留年した者は原則として対象外とする)
(b)地球学の分野で特筆すべき活躍をした学生
(c)地球学類の活動面で特筆すべき活躍をした学生
(d)その他学内行事やスポーツなどで特筆すべき活躍をした学生