主専攻

地球学類では、地球環境学と地球進化学の二つの主専攻を設けています。各主専攻は以下の研究分野を含みます。

地球環境学主専攻

 「地球環境」は世界的に注目されるキーワードのひとつとなっています。地球学類の地球環境学主専攻では、「地球環境」を理解するために、フィールドワークやデータ解析、室内実験等を通じて、地表面上のさまざまな空間スケールに展開する諸現象を多角的に探求します。地球環境学主専攻には、人文地理学、地誌学、地形学、水文科学、大気科学の5分野があり、地球環境を舞台に展開する人間活動の特性、人間活動と自然環境の関係、地表面上にみられる地形、水、大気など自然現象をテーマとして「地球環境」を多角的に探求します。それぞれの分野には、海外での調査・研究経験が豊富で、国際的にも活躍する研究者がそろっており,こうした最前線の研究を主専攻の教育にもフィードバックしています。
 実際の研究では、聞き取り調査、土地利用調査、地形調査、河川・湖沼での調査・観測、気象観測などのフィールドワーク、観測データや既存の統計データの解析などを通じて、現実の「地球環境」の姿を把握し、さらに室内実験、数値シミュレーション等を踏まえ、それらの特性を解明しています。さらに、なぜそうした結果が導出されたのかを、「地球環境」に関連するさまざまな要因と関係づけて考察しています。しかし、それぞれの分野が完全に独立して研究を進めているわけではなく、お互いの学問分野の枠を越えて「地球環境」の特性を総合的に把握することを目指しています。こうした研究プロセスを通じて、21世紀の地球人としてふさわしい総合的な思考力を養成し、さまざまな社会的要請に応える人材育成を目指しています。

分野  キーワード
 人文地理都市・農村空間構造、文化景観、産業空間のダイナミズム、地理情報システム(GIS)
 地誌学人間環境システム、地域生態、グローバル・ローカル、ツーリズム空間
 地形学崩壊・地すべり、河川・海岸の堆積作用、気候変動と地形変化
 水文科学水循環、流域の水環境、水質汚染、地下水の流動
 大気科学 大気循環とエネルギー収支、気候形成と変動の機構、天気予報と降水システム、大気環境と人間活動との相互作用

地球進化学主専攻

 2011年3月に発生した東北地方太平洋沖地震による大災害を目の当たりにした私たちは、地球がもつ莫大なエネルギーとその営みの複雑さを改めて認識しました。過去46億年間に地球表層から内部で起こっている様々な地質現象を解析し、理解することは、私たちがこれから地球と共生していくために必要不可欠なことといえるでしょう。地球進化学主専攻は、地球の誕生から現在にいたる進化史上の様々な地質現象の探求を基礎として、地球生命圏の共進化過程の解読と定量的な未来予測を共通の課題としています。この目的を達成するため、本専攻では6つの分野(地史学・古生物学、地層学、構造地質学、岩石学、鉱物学、資源地質学)を設けて、専門的な研究・教育を行っています。
 地球進化学の重要な基盤の1つとして、野外調査があります。特に、生物圏・地球表層環境の変遷や、地球のダイナミックな変動や進化過程の理解のために、1年生から野外巡検を実施しています。卒業研究で海外でのフィールドワークをもとに研究を行う例も少なくありません。一方で、変形再現実験や、地球物理学的観測データを用いた地震学的解析やシミュレーションのような室内作業も、活発に行われています。また、同位体分析や微小領域組成分析が可能な分析装置を専攻内に設置し、岩石・鉱物・鉱床の生成機構の解明を行っています。卒業生の多くは大学院に進学してより専門的な研究を行い、国内外の学会で活躍しています。このように本主専攻では、地球システムにおける表層・内部環境の変遷を総合的・多角的に解析し、理解できる人材の育成を目指しています。

分野  キーワード
 地史学・古生物学中・古生代、生物の進化、放散虫・有孔虫、DNAの解読
 地層学中生界・新生界層序、古環境の復元、堆積岩、古海洋学
 構造地質学沈み込み帯、地震と地殻変動、地震発生のメカニズム、岩石の変形・破壊
 岩石学地球の年代測定、地殻・マントル進化、大陸の移動と衝突、火成岩と変成岩
 鉱物学鉱物生成メカニズム、結晶構造の解析、鉱物の物理特性、隕石の成因
 地球資源科学鉱物資源、元素の分散と濃縮、メタンハイドレート、廃棄物処分